デリケートゾーンの黒ずみに効果がある方法3選!

デリケートゾーンの黒ずみに効果があるのは「専用のクリーム」

デリケートゾーンの黒ずみに効果があり、なおかつ値段もそこまで高くないのが、専用のクリームです。

デリケートゾーン専用に作られているので、塗ってもヒリヒリしたり炎症を起こすなどの心配がなく、敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使うことができます。

薬局やドラッグストアなどの市販では販売されていないことが多いのですが、公式サイトで購入するとかなりの割引率で購入することも可能なので、初めての方でも試しやすいです。
また、効果をしっかりと実感できる理由の一つに、美白成分やメラニン色素生成抑制成分、新陳代謝UPを促す成分などが含まれているものが多いことが挙げられます。

専用のクリームにはこのような有効成分がたくさん配合されていることで、短期間で目に見える効果を実感しやすいのが特徴です。かかる費用は、5000円〜10000円ほどで、期間は3〜6ヶ月くらいでしょう。
朝晩塗るだけというタイプのものが多いので、初心者でも比較的始めやすいと思います。

デリケートゾーンの黒ずみに効果があるのは「皮膚科の塗り薬」

やはり困ったときにはプロの力を借りるのが一番かもしれませんね。

皮膚科の塗り薬には、ハイドロキノン、トレチノイン、ヒルドイドなどがありますが、どれも1回ごとに診察も必要になるのが特徴です。「毎回病院に通うのが面倒」という方には向いていませんが、その都度状態をチェックしてもらい適切な薬を処方してもらえるうえ、医師の診察なので安心感はありますよね。

特におすすめなのはハイドロキノンで、実際に皮膚科でも一番処方される確率が高いと言えるでしょう。かかる費用は、1回3000円ほどで、期間は3〜6ヶ月くらいでしょう。

トレチノインは、ハイドロキノン同様美白効果が高いものの、ハイドロキノン以上に副作用が強いと言われているので、初めての方はやめておいた方が良いかもしれません。
かかる費用は、1回5000円ほどで、期間は3〜6ヶ月くらいでしょう。

ヒルドイドは美白成分ではなく保湿成分なので、黒ずみを直接改善するには適していません。しかし、保湿することで外部刺激からお肌を守ることができるので、そういった意味ではおすすめです。かかる費用は、1回2000円ほどで、期間は6〜1年くらいでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみに効果があるのは「レーザー治療」

皮膚科では塗り薬以外にもレーザー治療という選択肢もあります。

レーザーなんてなんだか怖いと思われるかもしれませんが、痛みがないものが多く、種類によっては数回で効果を実感できるものもあります。

レーザー治療には、インティマレーザー、レーザートーニング、炭酸ガスレーザー、サーミVaが主となっていますが、それぞれ費用が大きく異なります。

インティマレーザーとサーミVaに関しては、膣内部に照射し、費用は1回8〜10万円ほどです。
レーザートーニングと炭酸ガスレーザーは黒ずみ部分に照射し、費用は1回5千円〜1万円ほどです。

一見こちらの方が安く感じるかもしれませんが、その分10回以上照射しないと効果が得られないこともあるので、総額で考えるとインティマレーザーやサーミVaの方が安く済む可能性があります。